見出し画像

【webメディア】Cookieバナーのベンダー3社を比較してみた

昨今、世界各国でGDPR、CCPAなど個人情報保護関連の法整備が行われています。

日本でも改正個人情報保護法により、今後ユーザーデータの取得についてユーザーから同意を取得していかなければなりません。

そんな中、同意取得のツールの一つがCookieバナーです。

1.そもそもcookieバナーってなに?

スクリーンショット 2020-08-11 19.27.55

webメディアの運営者が、ユーザーに対してcookieを用いている旨を伝え、cookieの使用について同意を取得する方法です。

ユーザーの初回訪問時にフッターにバナーを表示させるケースが多いです。

2.cookieバナーの事業者比較まとめ

△:サービス紹介ページに明記されていないもの

スクリーンショット 2020-08-11 19.59.13

3.Cookie Consent

Cookie ConsentはアメリカのOsano社のプロダクトです。

画像5

月額課金制で以下の3プランが提供されています。

・basic
・Business
・Business +

各プランによって使用できる機能が異なりますが、どのプランでも3rd-party cookieのブロックや多言語対応は可能です。

Business +のプランでは、英語でのサポートも可能です。

4.Cookiebot

CookiebotはデンマークのCybot社のプロダクトです。

ダウンロード (1)

月額課金制で以下の4つのプランが提供されています。

・Free
・Premium Small
・Premium Medium
・Premium Large

ドメイン配下のページ数によって、金額が変わります。

地域に対してターゲティングできる点や、レポーティング機能がある点が他社との違いです。

5.Onetrust by IIJ

Onetrust by IIJは日本のインターネットイニシアティブ社がアメリカのOneTrust社と一緒に提供しているプロダクトです。

画像5

プランは単一で、月額5000円程度の年間契約です。

他社と違って日本語でのサポートを受けられる点や、導入までの支援体制が整っている点が強みです。

6.まとめ

今回の記事では、Cookieバナーのベンダーを3社ご紹介しました。

Cookieバナーは、比較的低コストでユーザーデータの同意取得を行えるため、CMPと比較して導入しやすいのではないでしょうか。

Cookieバナーを使用する際は、ぜひこの記事を参考にしてください。

Twitterでもnote記事を発信中〜!フォーエムについても紹介中です!

お読みいただき、ありがとうございます!
25
メディアグロースカンパニーのフォーエムが運営する「メディアハッカー」/ 記事を読むだけで、Webメディアやアプリのマーケティングに詳しくなります / Webやアプリのマネタイズ、ユーザー獲得、ビジネス戦略を専門としています!